読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAVORITE DISCS 2011

年の瀬だ~。

CDJ行かないし特に予定もないけどなんかうきうきします。
今年は昨年以上に色んな音楽聴いた気でいたけど実際確認するとびっくりするほど数が少ない。笑 古いの聴くことも多かったしなぁ。
ということで、購入したり聴いている時点である程度評価しているという体でっっ、母数の少なさは気にせず気に入ってるのとかよく聴いたのを書いてきますよっと。順位は今の気分。

1. WORLD RECORD/cero


ceroのことはずっと書きたかったんだけど思い入れがありすぎてまとめられずじまいでした笑
Contemporary Exotica Rock Orchestraでcero
最初に聴いたとき細野晴臣あたりやFISHMANSの影響を感じたけど、似ているとかじゃなくて好きなものを咀嚼して現代の音楽として鳴らしているという印象。スティールパンやトランペットやチェロがエキゾチックな雰囲気を出しているんだけど、打ち込みもあったりラップが入ってきたり、更には童謡からの引用とか。時代とかジャンルとかオリジナリティがどうとかから解き放たれている感じが大好きです。これで1stアルバムなんだから末恐ろしい…
歌詞も大好きで、いしいしんじ(あんまり知らないけどイメージ笑)の小説を読んでいるような感じ。ファンタジーと日常の間。このアルバムじゃないけど「ガリ梨」とかのワードを入れちゃうセンスとか、いいよなぁ。
特に『exotic penguin night』とか『あののか』とか大好きなんですが、やっぱり『大停電の夜に』は震災後に何度も聴いて思い入れがあるし、今年の曲としてずっと記憶に残る名曲だと思う。





サカナクションは好きすぎて好きかどうか分からなくなってきているので難しい。
でもこのアルバムは今までで一番万人におすすめできる作品になったんじゃないかなぁと思います。
シングルとそのカップリングが多数収録されているので毎回買っているファンとしては新鮮味に欠ける部分はあるんだけど、キャッチーなシングル曲とアルバム曲とのバランスがものすごく良い。唯一夏っぽい『アイデンティティ』も一番地味な『流線』もミニマルなインスト『DocumentaRy』も全く浮いていないし、中だるみすることなく全曲通して聴きたくなる。今までのアルバムは、一曲一曲のクオリティは高くても全体としては曖昧で後半の印象が薄かったりシングルが浮いてしまったりというのが気になっていたので。
それどころか、アルバム発売前に何度も聴いたはずのシングル曲もこのアルバムの流れで聴くことで新鮮で、より好きになれたのが自分でもびっくりした。RL~アイデンティティ~モノクロトウキョーの流れとか大好きだし、『バッハ~』は改めて凝った作りだなぁ良い曲だなぁと思った。
中でも『モノクロトウキョー』は最初から最後まで好き。


3. エピソード/星野源


星野源の曲はすごく重いし厳しい。でもそこに嘘がないから辛くなるのと同時に救われるし頑張ろうと思える。不思議な人だなぁと思う。
元々そういう人なんだろうけど、このアルバムは前作「ばかのうた」以上にそういう側面が強く出ている感じがします。可愛らしいアレンジで中和させていた闇を、歌を中心とした曲作りで強調したような。だから最初は地味な印象があったんですが、だんだん心の内部に浸透していくうちに、将来長く聴いていくだろうなぁと思うようになりました。
前作と歌声が大きく変わったのも印象的。こっちの方がすごく好きです。
どれもいいけど『くだらないの中に』『日常』『予想』が好きかな。『未来』と『予想』は震災を連想させたりして聴いてて辛くなる(良い意味で)。



4. 砂漠の流刑地/ふくろうず


インディーズで2枚出してからのメジャーデビューアルバム。ということで、以前よりもかなりポップな仕上がりかつ、バンドらしくなってるのですが、これが良い方向にいっていてびっくりしました。
よくスーパーカーっぽいって言われてますが私的にはふくろうずは内田万里の不安定なボーカルとへんてこで素晴らしい歌詞が魅力なのでどうでもいいです。(アレンジ大好きだけど)
ふくろうずはさぁ、全部の曲が良いんだよ~。来年はもっと売れてもっとライブして欲しい。ついでにカラオケ配信されて欲しい。
『みぎききワイキキ』と『砂漠の流刑地』『心震わせて』がすき。『スフィンクス』『キャラウェイ』もすき。
”偽善は嫌だし皮肉屋はもっと嫌だ”
”ずるいし 金もない山もない谷もない人生さ” (この歌い出しすごいと思う。)

このMVもジャケも最高。

5. so(u)n(d)beams/salyu x salyu


この企画に関わった色んな人にありがとうを言いたくなるアルバム。笑
Salyu本人がCorneliusとのコラボレーションを希望して直談判したそうだけど、もし1曲2曲だけのコラボになっていたら全然意味が無いもの。
『奴隷』『続きを』『Mirror Neurotic』が好きです。
このアルバムについては前に散々書いたので短めで。


6. レキツ/レキシ


このアルバムについても以前書きました笑
ずるいよなぁ~~~~
こんなにふざけてるのにかっこいいんだもんなぁ。
参加してる人、椎名林檎スチャダラパー安藤裕子いとうせいこうMummy-Dハナレグミ、浜野謙太(その他たくさんいる)とか豪華すぎてひどい。(レキシネームじゃないので書いちゃうけど笑)
『狩りから稲作へ』が名曲すぎる。
来年こそライブ行きたい!

これはMVではないです笑

7. CD/□□□


□□□はもうミュージシャンというより芸術家という認識になってきています。
前作はフィールドレコーディングがテーマでしたが、今回は「文字と言葉」。そして女性ボーカル。
歌詞カードのデザインから曲を作ったりとか。
ステレオのLとRからそれぞれ意味不明の言葉が聴こえてきて曲の後半LRが合わさって聴こえるとちゃんと歌詞になってるとか。
4人がそれぞれ1拍子2拍子3拍子4拍子で順番に歌うとか。
耳から聴こえる歌詞と歌詞カードに書いてある歌詞が全然違うとか。
…って説明したところでわからないと思いますが…!
配信が多くなってきた時代に、自分で歌詞カードを確認しながら聴かないとわからない(もちろん普通の音楽としても楽しめるけど)ものを作ったり、「CD」というタイトルをつけたり、活版印刷というアナログな手法で歌詞カードを作ったり、かと思えば”自炊”しやすいように歌詞カードを綴じていなかったり。特設サイト「CDの読み方」も超おもしろい!(歌詞カードの一部も見れますので是非)
別に配信反対とかいうわけでもないみたいで、聴く人にこのアルバムだけではなくて音楽やことばや時代を考えさせる仕組みを作っているのがすごいなぁと。
特に『1234』『スカイツリー』『iuai』が好き。



8. JPN/Perfume


シングル曲とそのカップリングが多くベスト盤的になっているのでちょっと反感を持っていましたが、聴いてみるとそんなのはどうでもよくなりました。
女子!ピンク!キラキラ!かわいい!女子力ほしい!
⊿以降の曲はJ-POPとしての聴きやすさと電子音のかっこよさのバランスがすごく良い感じで好きなものが多かったので、アルバム曲はGAMEやedge的なかっこいい曲が多くなるのかなぁと思っていたけど、むしろ甘い曲ばかり。「GAME」や「⊿」みたいにテクノポップのアイコンとしてのPerfumeというより可愛い女子3人組のPerfumeのアルバムという感じなんだけど、ここ2年で3人とも本当に綺麗になったし一般的な人気も確立したからこそ、全く違和感なく受け入れられたんだろうな。
ということで聴くだけで女子力が上がりそうな可愛いアルバムなんですが、部屋でCD流してると低音が響くのが本当に心地良いんです。甘いだけじゃないんですっ。特に『575』!
『The Opening』~『レーザービーム』~『GLITTER』の流れ素晴らしいです。


9. HoSoNoVa/細野晴臣


たぶんわたしは色んな方が評価しているようなこのアルバムや細野さんの凄さなんて全然わかっていないんだけど、それでも心から買ってよかったアルバム。
苦労して制作されたそうだけど、そういうのを感じさせない適度に力の抜けた音、特に細野さんの歌声と大地くんのドラムで身も心も落ち着きます。4月のリリースだったので、震災後の不安な夜に随分助けられました。


10. 大人のまじめなカバーシリーズ/安藤裕子


カバーアルバムだけど古めのセレクトなので原曲はほとんど知らないです。
だから知ってる人からすれば色々思うところはあるのかな…でもどの曲も違和感なく良い曲だなぁと思って聴きました。アレンジも原曲から大きく変えていないものが多いのか、無理に今っぽくしてないところが良かった。
カバーって原曲分からないとどうにも評価しがたいね。笑 とにかく安藤裕子の歌声が好きなんです…!
『ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ』『松田の子守唄』『ワールズエンド・スーパーノヴァ』を何度も聴きました。




その他でよく聴いた曲とか。

『読書 feat.星野源』fromワーキングホリデー/宮内優里
源くんの作詞した中でもかなり好きです。
このアルバムもよく聴きました。


ももクロのニッポン万歳!』fromバトルアンドロマンス/ももいろクローバーZ
ももクロちゃんも入れたかったけど入らなかった…。
好きな曲おもしろい曲良い曲沢山ありますが、一番たくさんの人に聴かれて欲しいのがこれかな。東北への応援を「大好きです」という言葉で表すのがすごく正しいし、真っ直ぐに生きてるももクロが歌うのが泣ける。


『どぉなっちゃってんだよ』fromエチケット/岡村靖幸
今年は岡村ちゃんが復帰しましたよ…長くなるので語らないけど。
新譜がセルフカバーだし2枚だと高くなるしで買うか迷っていたのですがこの曲(一曲目)を試聴した瞬間購入を決めました。

昔のしかなかったのでぜんぜん違うけどいいや。笑


疲れたのでおわり。
選んで思ったけどやっぱり聴き込んだり印象に残ってるのはほぼCD購入したやつだね。
好きで買ったからなのかCDっていうモノがあるから聴く機会とかが多くなったのかは自分でもわからないけど。
来年も良い曲にたくさん出逢えますよーに。