読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくろうず「リリースまだだよ、ごめんねワンマンライブ」



1/19はふくろうずの約1年半ぶりのワンマンに行ってきたよ。
リリースまだだよ、ごめんねワンマンライブ」@代官山UNIT
前回ライブ観たのはバレンタインイベントみたいなやつだったから、ほぼ1年ぶり。機会があれば観たいってライブ予定ちゃんとチェックしてたけど、あんまり好みの対バンがなかったり(ほんとにメジャーデビューしたのかよ的な)予定合わなかったりでなかなか。

結構すぐソールドアウトしたみたいだったしお客さんぎゅうぎゅうで、5列目あたりにいたけどステージよく見えないくらい。だから今回ほぼ内田さんしか見てない。めちゃめちゃ可愛かった。今まで見た中でいちばん可愛かったよ内田さん…!


最初あんまり声出てなかったけど5、6曲目くらいから良くなってきて、そうそうこのスロースターターな感じ、ふくろうずだ…!ってにやにや。
もちろんこれから活動するにあたって最初から調子出せるようになった方が良いに決まってるけど笑 内田さん緊張しいなのかなーそうなんだろうなー。だからやっぱり去年観たようなイベントで数曲じゃなくて、ワンマンでたっぷり観れた方が断然良い。

内田さんの歌声は、その不安定さ…と言うとちょっと語弊があるかもしれないけど、どこかあやうい感じが魅力だと思ってたけど、今回は柔らかくて少女的な声質はそのままに真っ直ぐ声が通っていて安定感があったのが印象的で、気持ち良かったなぁ。
口からCD音源みたいな感じだった、と言うと褒め言葉に聞こえないか。でも柔らかいのに通る声ってなかなか難しいと思うんです…!かと思えば、原田郁子的な感じで喋るように歌ってみたり、音程もリズムも微妙に変えていたりとくるくる歌い方が変わって、それらを違和感なく使い分けているのと、どこまで狙っているのか分からないところが、唯一無二のボーカルになっていて素晴らしかったです。

特に印象に残ってるのは、まず『だめな人』で手拍子する内田さんの可愛さね。笑 顔の横で、左右代わりばんこにやっててさ、でも別に楽しそうでもなくてさ、可愛かったー。
あと『スフィンクス』はやっぱりライブに限るなとか。
本編最後、「今日来てくれているみなさんがたとえどんな人でも、ふくろうずを好きだと思ってくれているみなさんは私にとって優しい人です」(意訳)って内田さんのMCからの『優しい人』のエモさとか。

てゆうかふくろうずはどの曲もエモいってことに気付きましたよ。
この言葉意味も曖昧だしあんまり使ったことなかったけど、ふくろうずに使うための言葉で合ってるよね…!?笑 ずっとエモいんだよーでもしつこくならない。何度も言うと薄っぺらいな。

アンコールでは内田さんエレキギター弾いててこれまた可愛かった。真っ赤なギターを抱えてちょっと横向くのが画になりすぎて。たぶんアレンジの幅を広げる意味で挑戦してみてるのかなと思うけど、どんどんやっていって欲しい。

こんな感じで、ふくろうずに関しては曲を聴いてるだけで満足だからアレンジの変化とか演奏の善し悪しまで気持ちが行かなくって、好きな曲聴けてうれしかったなーで感想がほとんど終わってしまう。でも確実に観るたび良くなってるので、今年はもっと追いかけたいなぁ。
今見逃したら駄目な感じがすごくします。何かきっかけがあれば一気に遠いところに行っちゃうはずだから。

新曲が幾つかあったけど、SOSやっぱり可愛くて好きだなぁ。なんか岡村ちゃんイズムを感じました。
そして今回初披露だったM.13の新曲は「デスティニ~♪」ってフレーズが印象的な結構ストレートなラブソングで、こちらは聖子ちゃんイズムを感じた。後でTwitterファイナルファンタジーの曲のオマージュっぽいって話題になったけど。

でも他の新曲も含めてよりひねくれてないJ-POPに寄ってきたなって感じがありました。一度や二度聴いただけだと違和感もあるけど、音源になってまとまって次の方向性を見せてくれる時が楽しみ。それか、これから変えてってふくろうずらしい曲になっていくのか。でもカシオペアで同期していた音があんまり好みじゃなかったのがちょっと気になるなぁ、それやったらよくいるロック×電子音な感じに見られるんじゃないかと思って。

それから今回VJがすごーく良かった!具体的にどんなだったか思い出せないけど笑 でもその主張しすぎずふくろうずの世界観を増幅させる感じがちょうどよかったんです。雪とか星とか幾何学模様的なのだったかな、そんなに意味も持たないようなので。それに映像がメンバーに映るのが綺麗だった。恒例にしてほしいー。


あと、満員だった割にお客さんが全然盛り上がってなかったのはなんなんだろう笑 拳上げて騒ぐ系よりは全然良いのですが、もうちょっとMCに反応してあげても良いだろうし、反応しないシュールさを楽しむ方向にしても曲終わりの拍手くらいもっとしようよ…!聞き入ってるのか興味ないのかわかんなくなってくるからー。
それから気になったのは曲間が長くて観てて気持ちが切れちゃうようなところが何度かあったことかな。大事な曲の前で長く取るのは良いけど、何度もあると大丈夫かな?って思っちゃう。お客さんに心配させるのは良くないよなぁ。

というわけで、クオリティが保証されつつも伸びしろもまだまだあるぞ!な今のうちにライブを観に行かない理由がないのです。2013年頑張る宣言してるし、素敵なツーマン企画も始まったし、飛躍を見届けてやるんだー。


セットリスト!


1.ごめんね
2.グッドナイトイズカミング
3.トゥーファー
4.だめな人
5.もんしろ
6.SOS(仮・新曲)
7.ループする
8.カシオペア(仮・新曲)
9.夜明け前
11.キャラウェイ
12.サタデーナイト
13.新曲
14.すばらしい世界
15.砂漠の流刑地
16.優しい人
~アンコール~
1.新曲
2.できない