読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ!人生はワンマンだ








ふくろうずのワンマンがすーごい良かった。














メジャーデビューアルバム「砂漠の流刑地」レコ発です。
砂漠の流刑地のコピー「そうだ!人生は砂漠だ」に掛けて「そうだ!人生はワンマンだ」ってライブタイトル。このよくわかんないセンス好き(笑)。
渋谷CLUB QUATTRO、ほぼ満員。
開演時間を少し過ぎてから出てきて、
内田さん「こんばんは~」
客「こんばんは~」
内田さん「タモリさんみたい笑」「じゃ、やります」

って、びっくりするゆるさで始まりました。

最初の方はメンバーもお客さんもテンション低めだったんだけど、
だんだん調子が出てきてライブの中でも内田さんの歌が良くなっていったりメンバーも演奏しながら笑ってたりライブの後半では内田さんが踊り出したり、それに合わせてお客さんもじわじわテンションが上がっていって、アンコールには違うライブみたいな盛り上がりになっていたのがすごく心地良かった。

ライブ観てておもったのがさ、本当に、いい曲ばっかりなんだよ。
この曲好きだな~って全部の曲でおもってた気がする。って、いい曲なのはCD聴いてても分かってたんだけど…なんだかほとんど全部の曲でグッとくるポイントがあって、いちいち泣きそうになっちゃった。こんなこと初めてかもしれない。
やっぱり内田さんの歌はすごい。上手いボーカルではないし声量が足りない部分もあるけど、技術がある人では絶対に表現できないものがある。すっごく生きてる感じがした。
特にスフィンクスなんか音源で聴くよりキリキリした切なさが伝わってきてほんと良かった。
あと、内田さんに負けないくらい卓丸くんの声も魅力的で大好き。


  (1stAL「ループする」より「できない」)

前にライブを観たのは「ごめんね」リリース記念の渋谷タワレコインストアで、その時はボーカルも不安定だし音響とかもたぶんそんなに良くなかったのもあって、正直しばらくライブはいいかな~っておもったの。内田さんの不安定さは魅力だけど、その時は観てて心配になる感じだったから(笑)

あと、その時のライブでは内田さんほんっとに嫌そうで。
嫌々ステージに立ってる感じは彼女らしくておもしろいなーとおもったんだけど、他の3人も内気とはいえ卓丸くんが少し喋る以外はただただ演奏しててずっと平熱な感じで、「このバンド大丈夫かな、好きだけどすぐ解散したらどうしよう」って思っちゃうくらいでした(笑) というか、今回このライブを観るまでずっとその印象が強かったから心配してたんだけど、もう大丈夫だった。
前述した通りみんな楽しそうで、1年も経たないうちにこんなに変わっちゃうものなのかとびっくり。
まぁ、たまたま去年観た時に調子悪かったのかもしれないけど。どうなんだろ。
でも、インタビューで最近やる気がでてきたみたいなことを言ってたから、これがそういうことなのかなー。だとしたらすごすぎる(笑)
ライブ本編では特に演出もなかったけど、全然物足りなさがなかったもんなー。曲もいいし演奏もいいし。
これだけのライブができるならもっとフェスとか出ればいいのに。兎に角これからますます楽しみ。

覚えてるMC
・卓丸くん「今回『そうだ!人生はワンマンだ』ってタイトルなんですけど、これが決まった時は人生はワンマンだとは思えませんでした。でも最近になって人生はワンマンかもしれないなとおもってきたので、みなさんも帰る頃には人生はワンマンだって思ってくれればいいとおもいます」 みたいな。いみわからん(笑)

・卓丸くん「今日のために新曲を用意してきたんですけど・・・うっかりして4日前のライブでやってしまった曲をやります」内田さん「うんこです。あ、仮タイトル、うんこです。」 ちなみに演奏されたのは可愛くてポップなラブソングでした。

・卓丸くん「最近初めて4人で飲みに行ったんですよ。」内田さん「行った(笑)。意外と楽しかったね。」 だから大丈夫です、とも言ってたかな(笑) ほんと良かったよ。でもアルバム3枚出して初めてスタジオの外で4人で会ったって・・・すごいな。

・内田さん「今日こんなにお客さんが来てくれるなんて思っていなくて、みなさんも思ってなかったとおもうんですけど。やっぱソニーミュージックすごいな、メジャーデビューしてよかったって思いました。去年のごめんねワンマンの時に意地でやってますって言ってたんですけど、可愛くないからやめようとおもってたんですけど、やっぱり後半意地になってました。これからも意地でがんばります。本当にありがとう。」
みたいなことを、本編ラスト「ごめんね」の前に喋って、内田さんがこんなちゃんと話すの初めて聞いたな、たぶん素直に今日うれしいんだろうなあとちょっと感動してたんだけど、その直後。
「もう言うことはありません。・・・あ、今朝家族で朝食を食べたんですけど、うちの父が『万里、バナナは何科か知ってるか』って聞いてきて、『え、知らない』って答えたら、『バナナはイモ科だ』って言ってました。じゃあ最後の曲です」と演奏に行ったのが流石でした。ちなみに、スタッフブログによると実はそれは嘘だったそうです。内田家レベル高い。
その後「ごめんね」の間奏でも内田さん「ありがとう」って言ってたな。この曲の一番盛り上がるところが「ありがとう」なのに先に言っちゃだめじゃん(笑)っておもったけど、でも心から伝えたかったんだろうなっておもった。終わってはけるときに、内田さん小声で「アンコールあるよ」って言ってたのがすごい可愛かった。というか内田さんはいつも可愛い。

そしてアンコール!
なかなか出てこないと思ったら、ジャケットとMVに使われてるあの衣装で卓丸くんと高城くんがでてきて。会場一気にテンション上がった!でも「着替え終わった人から出てきます~。出てきてもすることないんですけど」とここでもゆるい(笑) 全員揃うまでしばらく待機。
あ、その間に卓丸くんが次のライブの告知してましたね。でも日にちも会場もわかんなくて。「誰か(スタッフが)おっきい声で言ってくれるとおもうんですけど。日にちは、・・・・・・・あ、誰も教えてくれないみたいですね。やっぱり人生はワンマンなんですね。」
石井くんと最後に内田さんが出てきて、演奏されたのはもちろん「砂漠の流刑地」。二回目だけど(笑) でも1曲目にやったときとは全然違う盛り上がり!
間奏で内田さんが一度はけて、走って戻ってきたとおもったら手に真っ赤な血のり!MVと同じようにためらいなく自分の顔に塗りつける。帽子にもついちゃってたよ。
そして次の間奏ではパイ(というか白い泡?)を持ってきてメンバー3人にぶつけたあと自分にも塗る!
いや~最高の演出だった!

ほんといいライブでした~~早くまた観たい。
終わった後の雰囲気もみんな満足そうだったし、Twitterを見ても絶賛ばっかりでうれしくなりました。


(「砂漠の流刑地」より「砂漠の流刑地」)



01. 砂漠の流刑地
02. 心震わせて
03. マシュマロ
04. ループする
05. 優しい人
06. フラッシュバック!
07. 狂った夏がくる
08. サタデーナイト
09. マイアミ
10. スフィンクス
11. キャラウェイ
12. だめな人
13. うんこ(仮) (新曲)
14. トゥーファー
15. できない
16. ごめんね
<アンコール>
17. 砂漠の流刑地